常備食品レシピ ~サバ缶編~

著者:奈良ヤクルト販売

常備食品レシピ ~サバ缶編~

奈良ヤクルトの管理栄養士の石堂日菜子です。

今回は、みなさんのおうちによくある常備食品のサバ缶

タンパク質・糖質・脂質の摂れる栄養レシピを作ってみました!

↓  ↓  ↓

https://youtu.be/x33t6A1BAcY

今回、使っている食品・食材で保存できるおおよその期間目安は、

  • サバ缶:賞味期限は約3年
  • 大根:常温では夏は約1週間、冬は約1ヵ月、冷蔵では約1~2週間、冷凍では1ヵ月もちます。★大根の保存方法は、常温保存よりも常温保存がおすすめです。まず葉を切り落とし、新聞紙にくるみ、冷蔵庫に保存します。(冬場は常温保存がおすすめ)
  • にんじん:常温では約1週間、冷蔵では約2週間~1ヵ月、冷凍では約1ヵ月もちます。★人参の保存方法は、常温よりも冷蔵庫がおすすめです。新聞紙にくるみ、冷蔵庫に収穫される前と同じ状態の縦にして保存すると長持ちします。

※注意:食品のメーカー・食材の状態・環境にもよります。

みなさんでコロナをのりきりましょう!

 

 

 

 

著者について

奈良ヤクルト販売 editor