スタッフ募集

ヤクルトスタッフの皆さんは、家事と育児を両立しながら働く素敵な女性たち。
あなたもヤクルトスタッフとして活躍してみませんか?

主にヤクルト商品をお届けするお仕事です。

  • 給与/月収8万円目安(やる気次第で収入UP!!
  • 時間/9:00~14:30 (相談に応じます)
  • 休日/土・日・祝
  • 車両/三輪バイク又は電気自動車 選べます(マイカーも可能)
  • 待遇/
    福利厚生…各種共済制度、離職金制度
    成果配分(特別手当)
    保育料補助制度…月額の半額(上限25,000円)
    幼稚園児は長期休み等は相談できます。

※お問い合わせは 担当:池上まで

電話でのお問い合わせは、
0120-62-8960


ヤクルト宅配センターの店長がお答えします。

Q1、ヤクルトスタッフはパートではないのですか?
A1、一部の方は雇用契約ですが、多くの方は、会社から業務を委託されて働いています。会社から「決められた地区で、ヤクルトを普及・お届け・集金する業務」を依頼されているという関係です。パートと違い会社に雇われているわけではありません。

Q2、ヤクルトスタッフになるのに準備が必要なものはありますか? 
A2、一部の地域では自転車でのお届けがありますが、ほとんどが三輪バイクのお届けです。その場合、原動機付自転車免許が必要です。また自動車、電動自動車でのお届けもありますので、その場合は普通自動車第一種運転免許が必要です。※自動車、電動自動車のみのお届け地域もあります。

Q3、研修はありますか? 
A3、はい新人研修があります。未経験でも安心です。最初に4日間<9:30~12:30>内容はヤクルトスタッフとしての心構えと商品知識・マナーについてです。また3か月後に2日間<13:30~15:30>あります。この研修では主に仕事を始めてからの悩みや不安について聞かせていただいています。

Q4、先輩ヤクルトスタッフと仲良くやっていけるか不安です。大丈夫でしょうか? 
A4、多くの方が同じ不安を抱えてお仕事をはじめられたようですが、ヤクルトスタッフは働くママがたくさんいますから仕事の話だけでなく子育ての事や家庭のことなど、いろんなお話ができますし、あっという間にとけこめますよ。

Q5、バイクに乗れないんですが、お仕事できますか? 
A5、市街地では自転車でお届けしている地区もあります。また、原動機付自転車免許を持っているけど運転に自信が無いという人でもバイクに乗れるようになるまで、社員がついてバイク練習もするので安心です。また車の免許をお持ちの方は、電動自動車を選ぶことも可能です。

Q6、買い取りはありますか? 
A6、ありません。準備していた数量よりも予想外に商品が余った場合には先輩や店長がサポートしますのでご安心ください。


ヤクルトスタッフインタビュー

ヤクルト平城センター
堀 由樹子(37)さん
ヤクルトスタッフ歴 4ヶ月
小学校5年生、4年生、 保育所に通う2歳の息子、3児の母
※H25年4月現在

この仕事を始めたきっかけは、友人から誘われたことでした。働く前は、2歳の子供を抱え、2人の小学生の学校行事にも参加しながら、PTAの役員にもあたっていたので、仕事に出るのは難しいと思っていました。それでも友人が「学校行事も役員もしながらでも仕事ができるよ」というので、とりあえず誘われるまま職場見学にいきました。女性ばかりの職場なので、ぎすぎすした雰囲気ではないかと思っていましたが、皆さん明るく素敵な笑顔で迎えてくれました。そのときの印象が良く、こんなにいい職場ならやってみたいと思うようになりました。でもいざとなると、躊躇してしまいました。子供ができてから、10年近く仕事をしていないこと、2歳の子を保育所に預けても大丈夫かということ、また、おっとりした性格なので、ついていけるのかと不安でいっぱいでした。そんなとき、主人が「仕事も、保育園もまずやってみたら」と言ってくれました。その一言で決まりました。一歩踏み出そう!
 奈良ヤクルトには保育料補助制度というものがあり、条件を満たせば、半額を会社が負担してくれます。子供たちも元気で、ヤクルトを飲ませているおかげか、インフルエンザ流行の真っただ中でも一人も罹りませんでした。お客さまも優しい方ばかりで、「気をつけていきや」「来週も待ってるからね」と声を掛けて下さったり、野菜をもらうこともありました。とても美味しかったです。そして私は仕事の仲間が大好きです。同じ母として色んな相談に乗ってくれたり、つらいことがあっても共感してくれます。それに仕事のことは何を聞いてもすぐに答えてくれます。そんなかっこいい先輩たちは私の憧れです。とにかく仕事が楽しい!もっと頑張って、お客さま一人ひとりのニーズに合わせて健康情報を提供できるようなヤクルトスタッフになりたいです。もしこの仕事をしようか迷っているなら、私から一言「悩んでいるよりもまずやってみて下さい!」

 

ヤクルト香芝センター  藤山 ユキ(44)さん
ヤクルトスタッフ歴 10年
大学生、高校生、小学5年生の3児の母
※H25年4月現在

子供たちも手が離れ、自分の時間を持てるようになりました。誰しも何か打ち込めるものはないだろうか、と考える頃だと思います。私の答えはヤクルトスタッフという仕事でした。勤務時間は9時から14時半なので、子供たちには「いってらっしゃい」と「おかえり」をちゃんと言えます。働きたいけど、母としての役割もきちんとしたい。そういう意味でちょうど良い仕事でした。最初の子供ができてから、10年ぶりの仕事でしたので、体力的にも不安がありましたが、この仕事はいったんお届けにでれば、単独作業です。休憩も自由にとって、自分のペースでできます。さらに単独作業なのに、お客さまとの触れ合いがあります。月曜日は月曜日のお客さま、火曜日は火曜日のお客さまのところに行きます。月曜から金曜まで、それぞれ違ったお客さまのところに行くので、色んなお客さまと接する機会があります。
 1週間に一度のお届けなので、毎週お伺いするたびに、だんだんと人間関係ができて来ていくのもこの仕事の魅力です。旅行に行かれたお客さまから、おみやげを頂く事があったり、お届け時間が少し遅れたとき、何かあったんじゃないかと心配して頂いたこともありました。一番嬉しかったのは、長女が大学合格が決まったときのことです。私は合格できたのは塾の先生がよかったからだと思っていたのですが、お客さまから、「たまたま塾の先生が良かったんじゃなくて、娘さんの人柄がいいから、いい人を引き付けたんだよ、あんたの育て方がよかったんだよ」と言ってもらいました。そのときお客さまに母としての自分まで誉めてもらい、涙ぐむほど感動しました。とにかくお客さまとおしゃべりしているときが一番楽しいです。もっとお客さまとコミュニケーションがとりたくて、自分でオリジナルの新聞を作っています。もう一つの楽しみは春風を浴びながら颯爽とバイクに乗ることです。はじめは不安だったバイクですが、今では季節を感じながら細い道でもすいすいと行けるようになりました。これからもずっとこの仕事を続けていきたいです。